私のPベースのイントネーションの問題(E-文字列)。 |TalkBass.com

キャリブレーションは、単に調整を微調整しています。この手順は、すべての基本(グロス)調整が完了すると実行されますmade.No 一つは、燃料噴射を校正しながら、エンジンをオフにすることをお勧めします。 試行錯誤はプロシージャに変数および不必要なステップを導入する。エンジンがオンになり、校正が機械に実行されます。校正レジメンは次のとおりです。
1.キャリブレーションをチェック
2.キャリブレーションを実行
3.最終チェック
4.アイテムバックサービス
調整が常に変化している場合、誰かが調整を微調整するにはどうすればよいですか?答えは、いくつかの大きなトラブルと多くの運で、です。機械を校正するときは、方程式に追加の変数を導入することは意味がありません。それは物事をより多くのものにするだけですconfusing.It また、この方法ではヒットまたはミスである必要があるため、精度が低下します。
1。キャリブレーションをチェック
2.マシンを調整から引き出す(またはオフにする)
3.キャリブレーションを実行
4.マシンを再調整(またはオンにする)
5.キャリブレーションをチェック
6.泡立てリンスリピート
イントネーションの設定は、単にマシンを校正するだけです。装置は適切な調節に持って来られるまで目盛りを付けられて得ない。仕様に調整されると、校正手順が開始されます。その後、校正ルーチンを実行している間は、毎回新しい変数と変更される変数が導入されるため、機械は調整から取り出されることはありません。
同じことがギターにも当てはまります。トラスロッド、サドルの高さ、およびナットスロットの深さを調整することは、ギターに行われた総調整です。私たちはこれを行動と呼びます。 アクションが調整されると、一つだけの変数があり、それはイントネーションです。イントネーションの手順は、他の校正手順と同じです。
1.イントネーションをチェック
2.イントネーションを調整する
3.最終チェック
4.ギターが戻ってサービスに。
調整を行うためのデチューニングは、面倒で時間がかかるためになりますprocedure.It ちょうど元の設計フェンダー様式の首でトラス棒の調節をすることのようです。設計は首がポケットからゆるめられ、傾くか、またはトラス棒のナットを回すために全体で取除かれなければならないことを定める。
1.Detune
2.首を引っ張る(ボルトを緩め、ポケットに傾けるか、取り外す)
3.調整トラスロッド
4.首を交換してください
5.Retune
6.Check relief
7.泡立てリンスリピート
代替は、ギター本体に変更を加えることです。調整を行った後、ギターを再組み立てし、ピッチにチューニングされています。その後、そしてその時だけ、救済を確認することができます。残念ながら、これらのギターのトラスロッドを調整する方法はありません。
イントネーションを校正しながらギターを離調して再調律すると、不必要に同じ変数セットが手順に導入されます。ステップはそれから従来のフェンダー様式のトラス棒を調節することをまねる。
1.イントネーションをチェック
2.Detune
3.Adjust
4.Retune
5.イントネーションをチェック
6.泡立ち、すすぎ、繰り返し
それだけではありません’変数とより多くのステップをプロシージャに追加することは意味がありません。それが精度を低下させる場合、それは特に当てはまります。 それはまた、それは時間とリソースの無駄の両方である手順を実行するのにかかる時間の量を増加させることを考慮します。
ブリッジサドルは摩耗面です。しかしそうであっても、柔らかい真鍮のサドルは多くの、多くの年の円形の傷のひもからの摩耗に立ち向かいます。サドルは自動車のブレーキパッドのような摩耗の表面ちょうどです。いくつかの摩耗が予想されます。サドルで十分な摩耗が示すときナットが付いているスロットを調節することは簡単であるfile.In 極端な場合は、サドルを交換することができます。
イントネーションを調整するために弦をチューニングすることで得られるものは何もありません。

キャリブレーションは、単に調整を微調整しています。この手順は、すべての基本(グロス)調整が完了すると実行されますmade.No 一つは、燃料噴射を校正しながら、エンジンをオフにすることをお勧めします。 試行錯誤はプロシー…

キャリブレーションは、単に調整を微調整しています。この手順は、すべての基本(グロス)調整が完了すると実行されますmade.No 一つは、燃料噴射を校正しながら、エンジンをオフにすることをお勧めします。 試行錯誤はプロシー…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。